〒869-2503
熊本県阿蘇郡小国町下城
FAX 0967-48-0644
杖立周辺観光ブログ
別ウインドウで開きます

熊本県阿蘇郡小国町 杖立温泉
杖立温泉旅館組合公式ホームページ

杖立温泉とは
昭和の面影が色濃く残る温泉街

昭和期の名残りを残す杖立温泉街
 熊本県と大分県の県境に位置する杖立温泉街は、昭和の初期から中期頃、「九州の奥座敷」と呼ばれ、歓楽街温泉として栄えておりましたが、バブル期以降、当時のような賑わいは薄れていき、衰退の影をおとしてきました。 しかし、現在、お客様に静かにゆっくり楽しんで頂けることを念頭に、生活に根付いた適正規模のまちづくりを目指し、温泉情緒や歴史的由来などを生かしたまちづくりを進めております。 そして、近年においては、昭和期の名残りがそのまま残る路地裏の雰囲気に魅力を感じるお客様が増えてきております。 杖立では、昔ながらの細い路地裏のことを「背戸屋(せどや)」と呼びます。ここ数年、その「背戸屋」を気に入ってくださる方がとても増えてきました。 雑誌などでたびたび取り上げられることもあり、素朴な生活感の中にある長年増改築を重ねた不思議な空間を求め、カメラ片手に散策される方も少なくありません。
1800年の歴史と地名の由来
 杖立温泉の歴史は1800年の昔にさかのぼります。神功皇后が当時の新羅に出兵を行った際のこと、亡くなられた仲哀天皇の御子をみごもっておられた皇后 は、戦いが終わり筑前の宗像まで引きあげたところで産気づかれました。 その時現れた白髪の老人が「これより東南に川をさかのぼると霊泉がある。これを汲み 産湯に用いれば皇子は千歳の寿を保たれるであろう。」と告げて消えてしまったそうです。 そこで付き人は、険しく続く山々越え、この地に達し、中龍頭に似たおおきな岩窟から立ち上る一筋の湯気を見つけました。 これを汲み取り、皇后のもとへ持ち帰り、産湯として奉ったのです。こうしてお生まれになったのが後の応神天皇であり、その霊泉を汲んだ岩窟こそが、現在の元湯とされています。

杖立温泉の元湯
 「杖立」という地名についても、不思議な言い伝えがあります。平安時代の初めの頃、旅の途中で訪れた弘法大師空海は、温泉の効能にいたく感銘されたそう。 そして持っていた竹の杖を立ててみたところ、節々から枝や葉が生えてきたのが、その名の由来とか。 また、杖をついて湯治にやってくる病人や老人も、帰る頃には杖を忘れるという、温泉の霊験をたたえた由来もあると言われています。
湯に入りて 病なおれば すがりてし 杖立ておいて 帰る諸人 弘法大師
湯けむりの天然サウナ「むし湯」

写真は、温泉の蒸気を利用した自然の台所「むし場」です。むし玉子はおいしいですよ。
 杖立温泉では、約98度もある杖立温泉の高温の湯煙りを利用した「むし湯」が古くから利用されています。 ほとんどの旅館の中に設置されており、「風邪をひいたらまずむし湯」と、生活の中にとけ込んでおります。 ストレス解消はもちろんのこと、 美肌効果、新陳代謝の改善、鼻づまりの解消、痩身など様々な効能があります。シャンプー後にむし湯に入ると、髪のトリートメント効果もあります。 杖立にいらしたら、天然の「むし湯」をぜひ体験してください。 「むし湯」の効能や入り方は、「むし湯を楽しむ」をご覧下さい。
女性に嬉しい美肌の湯

元湯にものんびりつかれます
 杖立温泉は、無色透明のきれいな弱食塩泉で、湯触りがやさしく、保湿効果が高いため、美肌の湯として女性に喜ばれています。 また、飲泉もできますので便秘気味な方などは少量飲まれると効果があり、温泉でうがいをすると、風邪にもよく効きます。 肌にやさしいので1日に何度入っても大丈夫。昔から「湯治(温泉で治療すること)」を目的に、長期で滞在するお客様が多い理由はここにあります。
心身ともに癒される湯治場

静かな時間が流れる杖立温泉
 温泉の確かな効能から「湯治場=温泉保養地」として長期滞在されるお客様が多い杖立温泉。歓楽温泉街として賑わってきた一方で、湯治場としても昔から親しまれてきました。 肌に優しい温泉と、自然に囲まれたロケーション、そして、昭和の面影を残す温泉情緒漂う静かな時間の流れのなかで、心身ともに癒されることでしょう。
 杖立温泉の旅館は、湯治を目的に長期滞在するお客様のために、宿泊料金を全般的に安く設定してあります。 安いところだと、素泊まり(食事無し)で4000円くらい、2食付きで5000円くらいから泊まれます。 また、最近では、湯治を目的にせずとも、昼間は周囲の観光地やお店に遊びに行き、夜は杖立でゆるりと宿泊、という若いお客様が増えております。 それぞれの旅の目的に合わせ楽しみください。
健康の里:杖立温泉

健康に杖立体操はいかがですか?
 杖立温泉のある小国町は、中国河南省登封市と友好都市を結んでいます。その登封市にある崇山少林寺の「漢方・薬膳・気功」を取り入れて健康をテーマに交流しています。 杖立温泉では、「食・体・温」を軸に健康の里づくりを行っています。
 杖立川の中心にかかる橋「杖立橋」では、毎朝9時に街中に流れるBGMにあわせ住民や宿泊客の方が「杖立体操(別名:易筋経)」をされています。 自然豊かな周囲の「気」を取りこむ気孔の体操で、特にダイエットに効果的です。ぜひ、体験してみませんか?